研究会

健康寿命延伸と介護予防を考える会

健康寿命延伸と介護予防を考える会 ~70代、80代を元気に乗り越える為に~

超高齢社会における最大の課題は、健康寿命を延伸することで、獲得した長寿を楽しむ期間を長くすることであり、要医療・要介護に期間を短くし、個人にあってはQOLを高め、社会的な視点からはそれらの費用を削減することである。
平成25年に策定された第二次健康日本21(第2次)では「健康寿命の延伸」が最重要課題の一つであり、高齢期における健康の増進に関する様々な取り組みを挙げるほか、要介護状態を予防するための様々な施策を実行に移している。
しかし、介護予防を中心とした健康寿命の延伸のための標準化された具体的な取り組みについては、国家的な規模での統一された手法も必ずしも明確ではなく、各行政がそれぞれに工夫を凝らしながらもまちまちに施策を実施しているのが現状である。
そこで、当財団では「健康寿命延伸と介護予防を考える会」を発足させ、今後の我が国での健康寿命の延伸の具体的なあり方に対して、下記テーマを中心に研究会を開催しています。

  1. 1. 介護予防を必要とする状態にかかわる概念や指標の整理
  2. 2. 介護予防施策における予防効果のエビデンスの確立と普及
  3. 3. 健康寿命延伸・介護予防の具体的対策における標準プロトコルの提言

▲ ページのトップへ

第3回健康寿命延伸と介護予防を考える会

2017年1月26日(木) 18時30分~20時30分
会場:キャスルプラザナゴヤ 4階 梓の間
ゲストスピーカー:
一般社団法人日本介護支援専門員協会 常任理事
千葉県後見支援センター契約締結審査会 副委員長
助川 未枝保先生

18:30~19:30 講演 19:30~20:30 ディスカッション 座長:鈴木 隆雄先生 桜美林大学 老年学総合研究所 所長

▲ ページのトップへ

第2回健康寿命延伸と介護予防を考える会

2016年11月24日(木) 18時30分~20時30分
会場:ウィンクあいち 13階 1304会議室
ゲストスピーカー:
東京医療保健大学 医療保健学部 医療情報学科 教授
         山下 和彦先生

テーマ: 健康寿命の延伸のための足部機能の向上の戦略
~埼玉県志木市のICTを活用した取り組み~


18:30~19:30 講演
19:30~20:30 ディスカッション
座長:鈴木 隆雄先生
桜美林大学 老年学総合研究所 所長

▲ ページのトップへ

第1回健康寿命延伸と介護予防を考える会

2016年9月15日(木)18時30分~20時30分
会場:キャッスルプラザ
ゲストスピーカー: 千葉大学 予防医学センター社会予防医学研究部門 教授
          近藤 克則先生
テーマ 予防政策のパラダイム拡張


18時30分~19時30分 講演
19時30分~20時30分 ディスカッション
  座長:鈴木 隆雄先生
桜美林大学 老年学総合研究所 所長

▲ ページのトップへ