インターネット研修 講座一覧

無料会員講座

第4回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム
少子高齢社会・AI 時代の働き方、暮らし方
愛知県地域再生・まちづくり研究会
テーマを「少子高齢社会・A I 時代の働き方、暮らし方」とし、2040年そして2060年について、当事者(30 代、40 代)が中心に医療分野を中心に発表します。
薬物療法セミナー 糖尿病
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
薬物療法セミナー 胃食道逆流症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
薬物療法セミナー 気分障害
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
薬物療法セミナー 統合失調症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
薬物療法セミナー 消化性潰瘍
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
薬物療法セミナー 副作用
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
薬物療法セミナー 相互作用
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
医療のパラダイム転換国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 名誉総長 大島 伸一 先生
到達目標:薬剤師も変わらなくてはならないことを理解する。
①医療専門職とは ②世界一の高齢国 ③医療が変わる ④高齢者の特徴 ⑤これからの医療 ⑥地域包括ケア ⑦社会保障制度改革国民会議
について説明します。
地域包括ケアの展望と在宅医療
-薬剤師への期待-
東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授 辻 哲夫 先生
地域から求められる医療提供施設、福祉施設及び行政との連携について理解する。
日本人の長寿化と自立度、今後の医療介護政策の方向、在宅医療の構造と課題、地域医療への期待、薬剤師への期待について説明します。
服用薬剤調整支援料を算定しよう国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター薬剤部 溝神 文博
服用薬剤調整支援料の算定について、ポリファーマシーの分野で有名な国立長寿医療研究センターの溝神先生に詳しく講演をいただきます。今日から算定を目指してみましょう!
高齢者に対する薬物療法東京大学大学院医学系研究科加齢医学/東京大学医学部附属病院老年病科 教授 秋下 雅弘 先生
高齢者の疾患・病態上の特徴はいくつもあるが「薬物に対する反応性が異なる」ことが特に要注意!といったことをはじめてとして、盛り沢山な内容で、高齢者に対する薬物療法の注意点について講義を行っていただきました。
介護施設での医薬品適正使用
~専門医、専門薬剤師によるQ&A~
医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 理事長 髙瀬 義昌 先生(認知症サポート医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本老年精神学会専門医)
横浜あおばの里 薬局長 丸岡 弘治 先生(老年薬学認定薬剤師)

医療者が行う薬に関する支援は残薬管理・薬の整理などだけでなく
・薬による変化に気付く視点
・副作用に関する情報提供
・薬の削減の提案とフォローアップ
を実施することを目的として作成します。
がん総論株式会社イーピービズ
「がん」というと難しいイメージをお持ちの方も多いと思います。難しい専門用語が数多く使われることもその一因だと思うのですが、難しい言葉にとらわれず、がん細胞の増え方やそのメカニズムについて、想像しイメージをふくらませることで理解しやすくなります。そもそも「がん」とは一体何なのでしょうか。
①服薬指導に知っておきたい
最近の薬物療法シリーズ
(高血圧、脂質異常症、糖尿病)
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
②高血圧症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
③脂質異常症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
④糖尿病
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑤痛風・高尿酸血症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑥慢性心不全
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑦胃食道逆流症(GERD)
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑧気分障害(うつ病・躁うつ病)
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑨統合失調症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑩気管支喘息
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑪COPD
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑫関節リウマチ
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑬骨粗鬆症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑭前立腺肥大症
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑮緑内障
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑯乳癌
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑰消化性潰瘍
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑱副作用
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑲相互作用
資料ダウンロード
スギ薬局 医学博士 元愛知医科大学教授・薬剤部長 岡田 啓
処方箋を見て、「このくすりは何の為に出ているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問にお応えするセミナーです。
服薬指導を豊かにするために、ガイドラインや処方例を用いて処方根拠を把握し、皆様と一緒に「応用から基礎」に戻る形式で、復習・確認をしていきます。
⑳がん総論株式会社イーピービズ
「がん」というと難しいイメージをお持ちの方も多いと思います。難しい専門用語が数多く使われることもその一因だと思うのですが、難しい言葉にとらわれず、がん細胞の増え方やそのメカニズムについて、想像しイメージをふくらませることで理解しやすくなります。そもそも「がん」とは一体何なのでしょうか。

新型コロナウイルス 2019(COVID-19)

感染症について薬局から伝えたいこと医薬情報研究所/㈱エス・アイ・シー 堀 美智子
新型コロナウイルス「COVID-19」(コビッド・ナインティーン)を中心に感染症について薬局から伝えたいことを堀美智子先生にまとめご講演いただきました。【2020年2月19日撮影】
専門医から薬剤師に新型コロナウイルス
2019(COVID-19)について (1)
埼玉医科大学 医学部 総合医療センター 総合診療内科 三村 一行 先生
専門医から
1、コロナウイルスとは
2、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特徴
3、COVID-19の診断
についてわかりやすく解説をいただきました。
専門医から薬剤師に新型コロナウイルス
2019(COVID-19)について (2)
埼玉医科大学 医学部 総合医療センター 総合診療内科 三村 一行 先生
専門医から
・COVID-19の治療
・COVID-19の予防
・職場におけるCOVID-19対策
・その他(自宅・宿泊療養・退院解除 etc.)
についてわかりやすく解説をいただきました。
風邪薬販売での注意事項!
(新型コロナウィルス感染症を意識して)
医薬情報研究所/㈱エス・アイ・シー 堀 美智子
風邪薬販売方法について詳しく説明をしています。
新型コロナと検査の統計学横浜市立大学医学群・東京大学大学院薬学系研究科 五十嵐 中
抗体検査 (血をとる検査)はPCR検査 (鼻突っ込む検査)より正確?「精度ほぼ100%」の検査で陽性だったらほぼ100%感染してるはず? などの疑問点にわかりやすく解説しています。

日本福祉大学社会福祉総合研修センター連携講座

地域包括ケアシステムの深化・進化日本福祉大学 副学長 社会福祉学部 原田 正樹 教授
地域包括ケアの背景、地域包括ケアと地域共生社会、包括的支援体制について薬剤師にわかりやすく講演をしていただいています。
発達障害の基礎とその対応日本福祉大学中央福祉専門学校 言語聴覚士科 大岡 治恵 先生
1.発達障害の基礎知識
「発達障害」とは何かどのように診断するのか発達障害の原因と薬物治療
2.具体的な症状特徴
自閉スペクトラム症(ASD)注意欠如多動症(AD/HD) その他の発達障害
3.具体的な対応方法
生活を支援する福祉用具の利用日本福祉大学 健康科学部 渡辺 崇史 教授
1.福祉用具概論
福祉用具とは 生活の中での福祉用具の役割
2.福祉用具選定のための視点
福祉用具選定の実際,事例検討
3.福祉用具入手のための福祉制度
介護保険,総合支援法による入手制度の概要

生活視点で考える薬剤師の在宅支援

高齢者薬物療法
高齢者の「食べる」を取り巻く問題
医薬情報研究所/㈱エス・アイ・シー 堀 美智子
薬剤師が「在宅支援」の中で対応すべき内容を学びます。また、「在宅医療のチーム医療」における薬剤師の役割、医師や看護師ら多職種スタッフとのスムーズな連携や情報共有のあり方についても実務に即し実践的に学ぶことができます。
高齢者薬物療法
高齢者の「睡眠」を取り巻く問題
医薬情報研究所/㈱エス・アイ・シー 堀 美智子
薬剤師が「在宅支援」の中で対応すべき内容を学びます。また、「在宅医療のチーム医療」における薬剤師の役割、医師や看護師ら多職種スタッフとのスムーズな連携や情報共有のあり方についても実務に即し実践的に学ぶことができます。
高齢者薬物療法
高齢者の「排便」を取り巻く問題
医薬情報研究所/㈱エス・アイ・シー 堀 美智子
薬剤師が「在宅支援」の中で対応すべき内容を学びます。また、「在宅医療のチーム医療」における薬剤師の役割、医師や看護師ら多職種スタッフとのスムーズな連携や情報共有のあり方についても実務に即し実践的に学ぶことができます。
今さら聞けない
抗がん剤のあれこれ
昭和大学薬学部病院薬剤学講座(昭和大学横浜市北部病院)准教授 縄田 修一 先生
抗がん剤について質疑応答形式でわかりやすく解説をしています。
今さら聞けない
院外処方せんと疑義照会のあれこれ
昭和大学薬学部病院薬剤学講座(昭和大学横浜市北部病院)准教授 縄田 修一 先生
院外処方せんと疑義紹介について質疑応答形式でわかりやすく解説をしています。
地域医療活動の現状
第8回杉浦地域医療振興賞、
第7回杉浦地域医療助成者の報告
地域医療を振興し、国民の健康と福祉の向上に優れた成果をおさめ、住み慣れた地域で安心して、その人らしく住み続けることを支援する活動を行った団体・個人の取り組みについて、その主体者である団体・個人を対象に表彰をいたします。地域医療に貢献をした人々の活動に光を当てることで、全国の活動の機運が広がること、また奨励、促進する環境を醸成することを目的といたします。
地域包括ケアと災害医療対策千葉県野田保健所・所長 松本 良二 MD,PhD,MPH
今の災害医療対策の現状と問題点として
1、自助共助公助
2、市町村、都道府県(県と以下略)
3、保健所の役割
4、実効性のある災害保健医療福祉対策には
について解説いたします
田舎のクリニックの話たいようクリニック 中野 博司 院長
・田舎者が田舎で開業した話
・当地の医療の特徴
多剤併用、高齢者の薬物療法について症例を交えて講演をしていただきました。
高齢者とくすりのフォーラム 1国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 理事長 荒井 秀典 先生
「健康長寿のための正しいお薬の飲み方を考える」をタイトルとして一般市民にもわかりやすい言葉で講演をしていただきました
高齢者とくすりのフォーラム 2国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 薬剤部 溝神 文博 先生
「ポリファーマシーって知っていますか?~高齢者が気をつけたい多すぎるくすりと副作用~」をタイトルとして一般市民にもわかりやすい言葉で講演をしていただきました。
老人保健施設の機能としての
在宅復帰と薬剤調整
介護老人保健施設竜間之郷 施設長 大河内 二郎 氏
・老人保健施設の役割と介護報酬上の位置づけ
・老人保健施設の役割
・老人保健施設の処方動向
・在宅復帰と地域連携
以上について講演をしていただきました。
高齢者の医薬品適正使用鈴鹿医療科学大学薬学部 病態・治療学分野 臨床薬理学研究室 大井 一弥 教授
超高齢社会の日本において様々な問題を抱えているが、要介護者を増やさないために薬剤師が関与できることはどんなことがあるか?具体的な事例を交えて解説いただいています。
フィジカルアセスメント拡大に向けて鈴鹿医療科学大学薬学部 薬学科 林 雅彦 教授
医療スタッフである薬剤師にとってなぜフィジカルアセスメントが必要なのか、フィジカルアセスメントを行うことで医薬品の適正使用につながることを、事例を交えて説明いただきます。
高齢者のがん薬物療法名古屋大学医学部附属病院 化学療法部 教授 安藤 雄一 先生
がんの領域でCGAを行って治療方針を検討するなど高齢者の化学療法が最新トピックスをお伝えいたします。
非がん疾患を含めた
包括的なエンドオブライフについて
東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター 上廣死生学・応用倫理講座 特任教授 会田 薫子
「エンドオブライフ・ケアの問題をどう考えるか」について、事例を入れてわかりやすく説明をいただきました。
高齢者のがん薬物療法名古屋大学医学部附属病院 化学療法部 教授 安藤 雄一 先生
がんの領域でCGAを行って治療方針を検討するなど高齢者の化学療法が最新トピックスをお伝えいたします。
認知症を取り巻く
薬物療法の諸問題について
名古屋大学医学部附属病院 地域連携・患者相談センター 准教授 老年内科 鈴木 裕介
さらに、認知症を取り巻く薬物療法の諸問題について詳細に解説いただきます。薬剤師に期待される地域包括ケアにおける職能や期待についての説明いただきます。
介護施設での医薬品適正使用
~専門医、専門薬剤師によるQ&A~
医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 理事長 髙瀬 義昌 先生
横浜あおばの里 薬局長 丸岡 弘治 先生(老年薬学認定薬剤師

医療者が行う、薬に関する支援は、残薬管理、薬の整理などだけでなく、薬による変化に気付く視点、副作用に関する情報提供、薬の削減の提案とフォローアップを実施することを目的として制作しました。
医薬品を適正に使うための
地域ICTネットワークの活用
臼杵市医師会立コスモス病院 副院長/医療福祉統合センター長 舛友 一洋 先生
「うすき石仏ねっと」(臼杵市内の医療・介護機関を結ぶ情報ネットワーク)の内容を中心に説明をしていただきました。
全員主役の病院ポリファーマシー対策医療法人社団和楽仁 芳珠記念病院 理事長 日本慢性期医療協会 常任理事/地域包括ケア病棟協会 会長 仲井 培雄 先生
地域包括ケア病棟協会会長の仲井先生に実際に行っているポリファーマシー対策について説明をいただきました。
服用薬剤調整支援料を算定しよう国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター薬剤部 溝神 文博 先生
服用薬剤調整支援料の算定について、ポリファーマシーの分野で有名な国立長寿医療研究センターの溝神先生に詳しく講演をいただきます。今日から算定を目指してみましょう!
カナダにおける薬剤師業務の変遷と
現在の取り組みについて
カナダブリティッシュコロンビア州薬剤師 若子 直也 先生
京都大学を卒業後に日本で勤務後、カナダで薬剤師として働いています。さらに、カナダで薬局を経営する予定の若子先生に講演をしていただきました。
ポリファーマシーと医療経済医療経済研究機構 主任研究員 浜田 将太 先生
医療経済の内容、そしてポリファーマシーについて問題点の整理と日本の現状、さらに先進事例についてお話をいただきます。
これからの医療における場作りの意味一般社団法人サードパス代表理事 大屋 亜希子 先生
医療従事者にとって有益な「学びの場」を創り、専門性や地域を超えた知見の共有を促すことで医療の質向上に貢献する内容をお話いただきました。
医療のパラダイム転換国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 名誉総長 大島 伸一 先生
到達目標:薬剤師も変わらなくてはならないことを理解する。
①医療専門職とは ②世界一の高齢国 ③医療が変わる ④高齢者の特徴 ⑤これからの医療 ⑥地域包括ケア ⑦社会保障制度改革国民会議
について説明します。
地域包括ケアの展望と在宅医療
-薬剤師への期待-
東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授 辻 哲夫 先生
地域から求められる医療提供施設、福祉施設及び行政との連携について理解する。日本人の長寿化と自立度、今後の医療介護政策の方向、在宅医療の構造と課題、地域医療への期待、薬剤師への期待について説明します。
地域包括ケアの現状と
薬剤師に期待すること
名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学老年科学教室 教授 葛谷 雅文 先生
地域包括ケアの理念を理解する。地域の保健、医療、福祉に関わる職種とその連携体制およびその意義について説明します。
病院医療から、暮らしの場で支える医療へ
~どう生きたいかに、チームで寄り添う~
在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス 宇都宮 宏子 先生
地域における医療機関と薬局薬剤師の連携の重要性を理解する。入院医療から在宅医療への移行支援、生活を支える医療につなぐことについて説明します。
高齢者に対する薬物療法東京大学大学院医学系研究科加齢医学/東京大学医学部附属病院老年病科 教授 秋下 雅弘 先生
高齢者の疾患・病態上の特徴はいくつもあるが「薬物に対する反応性が異なる」ことが特に要注意!といったことをはじめとして、盛り沢山な内容で、高齢者に対する薬物療法の注意点について講義を行っていただきました。
高齢者の特徴から考える薬物療法東京大学大学院医学系研究科加齢医学/東京大学医学部附属病院老年病科 教授 秋下 雅弘 先生
高齢者の薬物療法(特に高齢者の多剤服用の問題)について地域包括ケアの視点からの問題提起、高齢者に対する適切な医療提供の指針等について説明します。
多剤服薬からの脱却によって
患者のQOLはどの様に向上するか
医療社団法人 至髙会 たかせクリニック 理事長 医学博士 髙瀨 義昌 先生
認知症ケアにおける質の高い薬物療法は、本人や家族はもちろんのこと、医師や看護師、医療・介護スタッフの負担軽減に貢献するうえでも必須であり、そのためにはチーム医療として協働する中で、患者のQOL改善やADLを点数化してフィードバックするチーム・モニタリングが必要さを説明します。
薬局と薬局薬剤師の役に立ち方は?
/薬局現場での取り組み
医療社団法人 至髙会 たかせクリニック 理事長 医学博士 髙瀨 義昌 先生
認知症ケアにおける質の高い薬物療法は、本人や家族はもちろんのこと、医師や看護師、医療・介護スタッフの負担軽減に貢献するうえでも必須であり、そのためにはチーム医療として協働する中で、患者のQOL改善やADLを点数化してフィードバックするチーム・モニタリングが必要です。
電子お薬手帳の電子化と活用東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学講座 特任研究員 岡﨑 光洋 先生 (薬学博士、薬剤師)
お薬手帳制度の変遷と時代背景、電子化の推進・運用について、電子化のメリット、デメリットについて説明いたします。
高齢者における向精神薬の使い方筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授 水上 勝義 先生
高齢者における向精神薬を使用について説明いたします。
臨床から基礎へ、そして臨床へ昭和大学薬学部社会健康薬学講座地域医療薬学部門 教授 倉田 なおみ 先生
薬剤師ができることを具体的にお話いただきました。
ポリファーマシーについてJCHO本部総合診療顧問 徳田 安春 先生
ポリファーマシーを避ける取り組みについて ・薬剤カスケード(薬の滝)のチェック ・診療チームで「診断名と検査値情報」をシェア ・薬剤のエビデンスは薬剤師から入手などについてお話をいただきました。
高齢者の薬物療法における
多剤投与の現状と減薬の取り組み
医療法人愛生館 小林記念病院褥瘡ケアセンター (国立長寿医療研究センター特任研究員) 古田 勝経 先生
高齢者の薬物療法でのポリファーマシー対応など薬剤師ができることを解説いただきました。
医薬品適正使用に関する薬剤師の関わり神戸大学医学部附属病院薬剤部 平井 みどり 先生
医薬品適正使用推進について具体的に解説いただきました。
皮膚に着目した老年薬学鈴鹿医療科学大学薬学部臨床薬理学研究室 教授 大井 一弥 先生
研究結果を交えて高齢者の皮膚について解説をいただきました。
ガイドラインに基づいた睡眠薬の適正使用東京逓信病院薬剤部 大谷 道輝 先生
睡眠のメカニズム、ガイドラインに沿った解説、睡眠薬の適正使用について詳しく解説いたします。
抗コリン活性と抗精神病薬昭和大学横浜市北部病院 メンタルケアセンター・准教授 堀 宏治 先生
認知症における薬剤の必要性と抗コリン活性とは何かについて解説いたします。
医薬品の適正使用について
~在宅医療の現場から考える~
東京大学医学部在宅医療学拠点特任准教授 山中 崇 先生
在宅医療の経験豊富な医師から、実例を入れて医薬品の適正使用について解説いたします。
在宅医療とポリファーマシー医療法人社団 悠翔会理事長 佐々木 淳 先生
在宅医療現場でのポリファーマシーについて詳しく解説いたします。
地域完結型医療における
ポリファーマシー対策
~宝塚市の取り組み~
宝塚市立病院 薬剤部 主幹 薬学博士 吉岡 睦展 先生
地域の開業医や病院、老人保健施設などを積極的に訪問し、顔の見える関係構築した。必要に応じて開業医と連絡をとりながら、漫然と投与されている薬剤などの減薬を支援する取り組みを実施
高齢者の適切な薬物療法と
そのガイドライン
東京大学大学院医学系研究科 加齢医学 東京大学医学部附属病院 老年病科 助教・老年病科病棟医長 小島 太郎 先生
高齢者の薬物療法について実例を挙げてわかりやすく解説をしていただいています。
総合的処方見直しの取組
~褥瘡からのポリファーマシーを考える~
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 薬剤部 日本褥瘡学会認定褥瘡薬剤師 溝神 文博 先生
総合的処方見直しの取り組みとして、褥瘡から実際に活動しているポリファーマシー削減チームについて解説していただきます。
地域包括ケアの実践東京都大田区地域包括支援センター入新井 センター長 澤登 久雄 先生
在宅医療を考える上で、如何に患者と介護者、専門職がうまく連携して問題解決に取り組むかということは、大きな課題です。都市型ネットワークを構築し、見守りの輪を広げつつある東京都大田区の活動を紹介していただきました。
薬剤師とバイタルサイン1ファルメディコ株式会社 代表取締役社長/日本在宅薬学会 理事長 狭間 研至 先生
「なぜ、今、薬剤師にバイタルサインなのか」 「薬剤師が変わると地域医療が変わる」薬剤師には、もっと地域医療に貢献しているというアピールが必要です。医療における問題を解決していることを示さないといけないという思いの伝わる講義です。
薬剤師とバイタルサイン2ファルメディコ株式会社 代表取締役社長日本在宅薬学会 理事長 狭間 研至 先生
「少子超高齢社会に求められる薬剤師像」 今後は、薬剤師と医師の連携が医療の質の確保に必要になります。一言でいえば「医師と薬剤師の共同薬物治療管理」。薬剤師は、服薬指導した後の飲んでいる薬まで責任(効果・副作用など)を説明いただきました。
地域包括ケアとは㈲メディフェニックスコーポレーション薬局つばめファーマシー 薬剤師・介護支援専門員・代表取締役/宮崎キュアケアネットワーク 世話人/一般社団法人 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 副会長 萩田 均司 先生
1.薬局・薬剤師の立ち位置・役割
2.2025年問題
3.在宅医療での薬剤師の役割
4.地域ケア会議とは
5.地域包括ケアシステムでの薬剤師の参画
6.“地域完結型医療”とは
現在の地域医療を取りまくホットな話題について講義をしていただきました。
実践!在宅医療ストーリー体験型研修会J-HOP(全国薬剤師・在宅療育支援連絡会)副会長 医療法人つくし会 南国病院 薬剤部 薬剤部長 川添 哲嗣 先生
現実に即した流れで、様々な在宅医療の場面で必要な準備や連携策を体験し、本番に備えましょう。具体的に知ることで、不安が克服され、訪問へ向けて大きな前進となります。
医師が考える
在宅医療における薬剤師の役割
医療社団法人 至髙会 たかせクリニック 理事長 医学博士 髙瀨 義昌 先生
在宅医療を開始する薬剤師に対して医師が語っていただきました。非常にわかりやす講義です。
疼痛コントロールに活かせる
緩和医療薬理学の基礎知識 I
名古屋市立大学大学院 薬学研究科神経薬理学 大澤 匡弘 先生
がんの痛みとその評価 WHO方式がん疼痛治療法 疼痛制御の方法 全人的苦痛の概念 について学びます。
疼痛コントロールに活かせる
緩和医療薬理学の基礎知識 II
名古屋市立大学大学院 薬学研究科神経薬理学 大澤 匡弘 先生
がんの痛みとその評価 WHO方式がん疼痛治療法 疼痛制御の方法 全人的苦痛の概念 について学びます。
これからの地域ヘルスケアシステム前名古屋大学大学院医学系研究科 総合医学専攻総合診療医学分野 教授 伴 信太郎 先生
日本の医学・医療の問題点 今後、地域にあわせたボトムアップの地域ヘルスケアシステムの構築が求められていく中で、薬剤師に必要なのは、多職種とのコミュニケーションを取っていくことと、地域への参加を促されました。
地域医療連携の現状と課題医療法人聖徳会 小笠原内科 院長 日本在宅ホスピス協会会長 小笠原 文雄 先生
「在宅医療だと患者さんが笑顔になれる」「在宅ホスピスだと笑顔を可能にできる」この思いを胸に在宅医療に取り組んでいる小笠原先生から在宅医療について説明していただきました。
数字の読み方、わかりません 1東京大学大学院薬学系研究科医薬政策学 准教授 五十嵐 中 先生
必要と思っても、なかなか取りかかりにくい課題である医療統計学。数字の読み方が分からない!今回はそんな悩みにお答えする講演です。
数字の読み方、わかりません 2東京大学大学院薬学系研究科医薬政策学 准教授 五十嵐 中 先生
難解と思われがちな医療解析も、五十嵐先生の軽快な語り口で取り組み易いものになりました。受講者からは次回を望む声も多く寄せられ、とても実りのある講演です。
健康食品とくすりの併用について国立健康・栄養研究所 情報センター 健康食品情報研究室 千葉 剛 先生
健康食品・サプリメントと薬を同時に服用するケースは多くあると考えられます。健康食品の捉え方から相互作用など、詳しく解説をしていただきました。サプリメント使用者の多くは医師にそのことを伝えていないという結果を論文で発表しています。
薬局業務に活かすための
論文の読み方、書き方、発表の仕方
NPO医薬品適正使用推進機構 理事長/名古屋大学・ルーマニア アレキサンダー・イワン・クザ大学 名誉教授 鍋島 俊隆 先生
薬局業務に活かすための論文の読み方、書き方、 学会発表の仕方のわかりやすく、実際の研究内容 にも解説いただきました。
フィジカルアセスメントセミナー I倉敷中央病院 総合診療科 主任部長 救命救急センター センター長/人材開発センター センター長 福岡 敏雄 先生
(脱水、熱中症について)臨床経験の豊富な医師より薬剤師が実施するフィジカルアセスメントについて解説をしていただいています。
フィジカルアセスメントセミナー II倉敷中央病院 総合診療科 主任部長 救命救急センター センター長/人材開発センター センター長 福岡 敏雄 先生
臨床経験の豊富な医師より薬剤師が実施するフィジカルアセスメントについて解説をしていただいています。 具体的な内容が満載です!
フィジカルアセスメントセミナー III倉敷中央病院 総合診療科 主任部長 救命救急センター センター長/人材開発センター センター長 福岡 敏雄 先生
臨床経験の豊富な医師より薬剤師が実施するフィジカルアセスメントについて解説をしていただいています。 聴診器の使用 心音や呼吸音 意識レベルの確認など 実践例が満載です!
薬物乱用防止名城大学薬学部 病態解析学Ⅰ 教授 野田 幸裕 先生
1.依存性のある主な薬物、化学物質の摂取による健康影響
2.薬物等の依存・乱用防止、過量服薬対策や自殺防止における薬剤師の役割
3.地域における精神・福祉・保健センターの役割
在宅医療における薬剤師の素敵な役割株式会社メディカルグリーン代表取締役社長/一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会(J-HOP)会長 大澤 光司 先生
在宅医療における薬剤師の役割の解説と、我々が押さえておくべきポイントを色々な角度から楽しくご講義いただきました。我々が在宅へ踏み出す動機づけをしていただきました。
輸液療法で迷わないための基礎知識元名古屋大学大学院医学系研究科 特任研究部門 医療行政学 准教授 杉浦 伸一 先生
薬局薬剤師が、今後より深く関わる必要がある「在宅での栄養療法」の講義です。

在宅栄養療法

在宅における栄養療法セミナー I元名古屋大学大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 医療行政学 特任准教授 杉浦 伸一 先生
薬局薬剤師が、今後より深く関わる必要がある「在宅での栄養療法」について、シリーズで説明していきます。
在宅における栄養療法セミナー II元名古屋大学大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 医療行政学 特任准教授 杉浦 伸一 先生
薬局薬剤師が、今後より深く関わる必要がある「在宅での栄養療法」について、シリーズで説明していきます。
在宅における栄養療法セミナー III元名古屋大学大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 医療行政学 特任准教授 杉浦 伸一 先生
薬局薬剤師が、今後より深く関わる必要がある「在宅での栄養療法」について、シリーズで説明していきます。
在宅における栄養療法セミナー IV元名古屋大学大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 医療行政学 特任准教授 杉浦 伸一 先生
薬局薬剤師が、今後より深く関わる必要がある「在宅での栄養療法」について、シリーズで説明していきます。
在宅における栄養療法セミナー V元名古屋大学大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 医療行政学 特任准教授 杉浦 伸一 先生
薬局薬剤師が、今後より深く関わる必要がある「在宅での栄養療法」について、シリーズで説明していきます。
在宅における栄養療法セミナー VI元名古屋大学大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 医療行政学 特任准教授 杉浦 伸一 先生
薬局薬剤師が、今後より深く関わる必要がある「在宅での栄養療法」について、シリーズで説明していきます。

まちづくりシンポジウム

地域でなおしささえる医療
おたがいさまのまちづくり
南医療生活協同組合地域ささえあいセンター部長 西岡 麻知子
一人ひとりの地域自治、市民自治という この力が、今を変え、未来をつくる実例を説明いただきました。
第1回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム1
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 名誉総長/愛知県地域再生・まちづくり研究会座長 大島 伸一
日本創成会議座長 増田寛也
元市長、元学長、元役人等々、広く社会を見てきた経験豊富で先を見通せる方たちから、利害を超えて提言をいたします。
第1回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム2
愛知県長久手市市長 吉田 一平
南医療生活協同組合 代表理事 成瀬 幸雄
梅村学園学事顧問 前中京大学学長 北川 薫

実際のまちづくりについて市長、組合代表の講演、健康についての講演です。
1、まざって暮らすまちづくり
2、ひろがるイキイキまちづくり
3、健康?元気!
第1回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム3
「医療費、介護給付費の推移」その後総合討論
座長:元高浜市長 森 貞述、一般社団法人 未来医療研究機構 代表理事 長谷川 敏彦
シンポジスト:国民健康保険中央会常勤監事/前津島市長 伊藤 文郎、増田 寛也、吉田 一平、成瀬幸雄、北川 薫

元市長、元学長、元役人等々、広く社会を見てきた経験豊富で先を見通せる方たちから、利害を超えて提言をいたします。
第2回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム
一般社団法人 未来医療研究機構 代表理事(医学博士、医師)長谷川 敏彦
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 名誉総長/愛知県地域再生・まちづくり研究会座長 大島 伸一
特定非営利活動法人地域ケア政策ネットワーク理事/元愛知県高浜市長 森 貞述

今後、若い人の数が減って、高齢者の数はある一定のところで同じになる。そのため高齢化率が増える。こういう構造が40~50年後からはっきりと見えてくることになります。そこを見据えた医療、介護等を含めた対策が重要になる。
第3回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム
これからの医療・介護について
医療介護福祉政策研究フォーラム 理事長 中村 秀一
厚生労働省老健局長、社会保険診療報酬支払基金理事長、内閣官房社会保障改革担当室長をご担当していました中村先生よりこれからの医療・介護についてお話をいただきました。
第3回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム
これから生まれてくる人の為に
2060年をどうデザインするか
一般社団法人未来医療研究機構 代表理事 長谷川 敏彦 他4名
高齢問題は、約40年後に本当の問題が来る。これから生まれてくる人達が「真の当事者」となる。今後、10年間でつなぎの世代となる中年世代の活躍によってその先が決まることについて話題の先生方が話し合います。
第4回
長生きを喜べるまちづくりシンポジウム
少子高齢社会・AI 時代の働き方、暮らし方
愛知県地域再生・まちづくり研究会
テーマを「少子高齢社会・A I 時代の働き方、暮らし方」とし、2040年そして2060年について、当事者(30 代、40 代)が中心に医療分野を中心に発表します。

介護予防と健康長寿延伸を考える

在宅医療での薬剤師のあり様を
どう考えるか?
桜美林大学 老年学総合研究所 所長 鈴木 隆雄 氏
名古屋大学医学部附属病院地域連携・患者相談センター 病院准教授 鈴木 裕介 氏
一般社団法人スマートヘルスケア協会(SHCA)東京大学 岡﨑 光洋 氏
独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター 薬剤部 溝神 由美子 氏
貴船グループ連華 つぼ川薬局 酒向 佑也 氏

在宅医療での薬剤師のあり様をどう考えるか?をテーマに講演と総合討論を行いました。
超高齢社会における最大の課題は、健康寿命を延伸すること、すなわち獲得した長寿を楽しむ期間を長くすることであり、要医療・要介護の期間を短くし、個人にあってはQOLを高め、社会的な視点からはそれらの費用を削減することである。
健康寿命の延伸は可能か?パネラー:千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門 教授 近藤 克則 氏、名古屋学芸大学健康・栄養研究所 教授 下方 浩史 氏、大府市役所 総務部 久野 幸信
座長:桜美林大学 老年学総合研究所 所長 鈴木 隆雄 先生

健康寿命延伸と介護予防を考える会として「健康寿命の延伸は可能か?」についてお話をいただきました。
予防政策のパラダイム拡張千葉大学予防医学センター教授 近藤 克則
介護予防について新しいパラダイムの概念、新しいパラダイム確立に向けた試みについて解説いたします。
健康寿命の延伸のための
足部機能の向上の戦略
大阪大学大学院医学系研究科/東京医療保健大学 医療保健学部医療情報学科教授 山下 和彦
健康寿命の延伸と介護予防のために足部の機能を高めて(改善し),歩行機能を維持し楽しく快適に歩ける取り組みについて
その人らしく生きることを支援する
~介護支援専門員の取り組み~
一般社団法人日本介護支援専門員協会 常任理事/千葉県後見支援センター契約締結審査会 副委員長 助川 未枝保
70代、80代を元気に乗り越える為の介護支援専門員(ケアマネージャー)の取り組みを解説していただきます。
健康サポート薬局が応える
地域の疾病予防及び
健康増進活動について
東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学講座 特任研究員/一般社団法人 スマートヘルスケア協会 代表理事 岡﨑 光洋(薬学博士、薬剤師)
薬局で行われている健康増進活動のご紹介を含め、実態とその実施背景を解説いたします。
健康寿命延伸と介護予防の観点から
管理栄養士の取り組み
公益社団法人愛知県栄養士会 副会長/鈴鹿医療科学大学保健衛生学部医療栄養学科管理栄養コース 特任准教授/NPO法人LET’S食の絆 副理事長 江口 澄子
1、幅広い管理栄養士・栄養士の職域
2、日本人の食事摂取基準(2015年版)と健康な食事の基準づくりの状況
3、地域包括ケアシステムを食から支える
サルコペニア・フレイル名古屋大学大学院医学系研究科総合医学専攻 発育・加齢医学講座 地域在宅医療学・老年科学分野(老年内科)教授/名古屋大学未来社会創造機構 教授 葛谷 雅文
健常高齢者をターゲットにした フレイルに関する研究について解説をしていただきます。
健康長寿を目指す生き方名古屋学芸大学大学院栄養科学研究科教授 下方 浩史 (医学博士、医師)
人生には老いてこそ挑めることも多いのです。夢を語り、夢を目指して生きることが重要です。それが健康長寿につながり、さらには少子高齢化が進む日本の社会を救うことにつながることを説明いたします。
口腔ケアと介護予防愛知県歯科衛生士会 理事/名古屋医健スポーツ専門学校 歯科衛生科 森下 志穂
いつまでもおいしく、楽しく、安全な食生活の営みを目指す為の口腔機能向上支援について歯科衛生士の森下先生にお話をいただきました。
認知症になっても
住みなれた場所で暮らせるまちづくり
藤田保健衛生大学医学部 認知症・高齢診療科 教授 武地 一
認知症の人への支援体制、さらに認知症カフェ(オレンジカフェ)について詳細に解説をいただきました。
高齢者ケアとリハビリテーション
ーその人らしい生活を支える作業療法ー
前星城大学リハビリテーション学部作業療法学専攻 星城大学大学院健康支援学研究科 准教授 大浦 智子
作業療法士を取り巻く環境、作業療法の専門性、高齢者ケア、高齢者リハビリテーションについて講演をしていただきました。
言語聴覚士と地域づくり愛知県言語聴覚士会 地域リハビリテーション委員会/株式会社ジェネラス 訪問看護ステーションほたるみどり 言語聴覚士 村瀬 文康
言語聴覚士は、言葉や聞こえ・食べることに障害をもつ方の機能回復や発達の援助を行うリハビリテーションの専門職です。特に高齢者対応や地域づくりを中心に講義をしていただきます。
清流の国ぎふ健康づくり事業岐阜県健康福祉部 次長兼保健医療課長 稲葉 静代 様
健康寿命延伸と介護予防における岐阜県の役割について解説をしていただきました。
OTC医薬品株式会社イーピービズ
OTC医薬品の現状、OTC医薬品の特徴・欠点、なぜ、OTC医薬品を知るべきか、OTC医薬品について薬剤師が認識するべき患者の思考、販売時の注意事項、他
一般用医薬品の販売手順株式会社イーピービズ
販売と情報提供、一般用医薬品とは、薬機法、情報提供の環境整備、第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品、セルフメディケーション(定義・必要性・危険性)、トリアージ(薬剤師によるトリアージ・注意点)、ケーススタディ、法的要件とプロフェッショナルな要件、他